「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

ニューヨーク外国為替市場概況・18日 ユーロドル、反落

 18日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは反落。終値は1.1230ドルと前営業日NY終値(1.1296ドル)と比べて0.0066ドル程度のユーロ安水準だった。欧州時間に発表された4月の仏・独・ユーロ圏製造業PMI速報値が予想を下回ったことで、欧州経済に対する懸念が強まり全般ユーロ売りが出やすい地合いとなった。
 3月米小売売上高や前週分の米新規失業保険申請件数などが予想より強い内容となったこともユーロ売り・ドル買いを誘い、2時30分前には一時1.1226ドルと日通し安値を付けている。なお、市場…

「Googleは長年にわたってパートナーだったFirefoxを妨害してきた」とMozilla元幹部が主張

Googleが開発するウェブブラウザのChromeと、Mozillaが開発するFirefoxは、互いにブラウザのシェアを奪い合うライバルです。Mozillaの元幹部であるJohnathan Nightingale氏が、「Googleは長年にわたってFirefoxユーザーにだけ表示されるバグを故意に作り、シェアを奪い合うFirefoxを妨害してきた」と発言して話題を呼んでいます。続きを読む……

米3月小売りも1-3月期GDPの成長見通し押し上げへ

 米商務省が発表した3月の小売売上高は前月比+1.6%と、ネガティブサプライズとなった2月の-0.2%からプラスに改善した。伸びは2017年9月来で最大を記録し、消費鈍化懸念が後退した。通常は年末商戦が活発化する12月の小売りが予想外のマイナスに落ち込み、下落率が2009年来で最大を記録したほか、2月分も再びマイナスに落ち込んんだため、米国経済の成長鈍化懸念が一時浮上していた。
国内総生産(GDP)の算出に用いられるコントロールグループと呼ばれる自動車、建材、給油、食品を除く小売りは前月比+1.0%…

【ディーラー発】ポジション調整主体の動き(NY午後)

午後に入ると、イースター休暇を前に積極的な取引が控えられポジション調整主体の相場展開に。ドル円は111円95銭前後で小動きを続けたほか、クロス円ではユーロ円が125円70銭前後で売買が交錯、ポンド円が145円40銭前後で膠着状態となるなど方向感に欠ける状況。また、ユーロドルも1.1230前後で、ポンドドルも1.2990前後で揉み合い、全般的に動意薄となっている。4時43分現在、ドル円111.930-933、ユーロ円125.673-677、ユーロドル1.12299-302で推移している。

ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ユーロ円、軟調

 18日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は軟調。4時時点では125.57円と2時時点(125.74円)と比べて17銭程度のユーロ安水準。クロス円は全体的に弱くなり、ユーロ円は125.65円の日通し安値をつけた。もっとも米株式主要3指数は揃ってプラス圏に戻ったことで、下値も支えられた。
 ドル円は小動き。4時時点では111.95円と2時時点(111.99円)と比べて4銭程度のドル安水準。欧州通貨とオセアニア通貨に対してのドルの買い戻しが進んでいることで、ドル円111.90円台で小動きとなった。
 …

欧州マーケットダイジェスト・18日 株まちまち・金利低下・ユーロ安

(18日終値:19日3時時点)
ドル・円相場:1ドル=111.95円(18日15時時点比△0.08円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=125.67円(▲0.72円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1228ドル(▲0.0072ドル)
FTSE100種総合株価指数:7459.88(前営業日比▲11.44)
ドイツ株式指数(DAX):12222.39(△69.32)
10年物英国債利回り:1.197%(▲0.039%)
10年物独国債利回り:0.025%(▲0.055%)
※△はプラス、▲はマイナスを表す。…