「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

CryptoSaga(クリプトサガ)の運営にインタビュー!Goldの使い道や今後について

4月12日にリリースされてから話題になっているブロックチェーンゲーム「クリプトサガ」。

どんな人が作っているのか、アリーナやギルドの実装、ゲーム内通貨のGoldの今後の使い道などなど、気になることが尽きません。

今回はクリプトサガの運営メンバーであるJang Yungiさんを直撃しました!

クリプトサガとは?

ゲームを知らない人のために、簡単に説明します。

クリプトサガは、ブロックチェーンに保管されるヒーローを収集・育成しながら、ダンジョンを攻略していくゲームです。

ダンジョンをクリアすると、新たにヒーローやゲーム内通貨であるGoldがもらえます。

ブロックチェーンゲームには珍しく、バトルシーンのアニメーションが見られることから話題になりました。キャラデザもいい感じです。

インタビューを受けてくれたJang Yungiさんはどんな人?

  • 韓国のスマホゲームのデベロッパー。
  • ファンタジー x ランナーズの開発に携わっていた。
  • 日本のゲームも大好き。

今回インタビューに応えてくれたのは、クリプトサガの開発者Jang Yungiさんです。

韓国のスマホゲーム開発会社「Fire Shrike Games」に所属しています。この会社はmoonrabbitというスマホゲーム会社と開発していたこともあるようです。

有名タイトルは「ファンタジー × ランナーズ」です。確かにキャラデザにはクリプトサガの面影がありますね!

▼ファンタジー x ランナーズ

日本のゲームも好きなようで、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」はめっちゃよかったとのこと。

運営メンバーのなかはヘビーなポケモンマスターや FF5, 6の大ファンもいるみたいで、ゲーム好きなメンバーが集まっているんですね。

なぜクリプトサガをブロックチェーンゲームとして作ったのか?

ブロックチェーンゲームはまだまだマイナーです。一般的なスマホゲームではなく、ブロックチェーンに注目した理由を聞いてみました。

Jang Yungi

小さなインディーゲームのデベロッパーにとって、「信用」をロジカルに保証できるスマートコントラクトのもつ意味は大きいんです。

垂水ケイ

確かに、ブロックチェーンを使うことで得られる信頼性は、相対的に小さなデベロッパーに役立ちますね。

Jang Yungi

韓国でも仮想通貨はブームになっていますが、ブロックチェーンゲームの認知度はまだ低いです。ただ、クリプトキティーの成功をみると、今年は状況が変わるとおもっています。

垂水ケイ

急速に数もクオリティーも上がってますからね。2018年はdApps yearだと考えたからこそブロックチェーンゲームをつくたんですね。

クリプトサガの今後について

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

クリプトサガでは、「ダンジョンどこまで深く潜れるかコンテスト」が行われていたんですが、終わってしまった今は燃え尽き症候群になりかけているプレーヤーもいます。

ゲームの持続可能性って今後大事になってくることなので、将来性について詳しく聞いてきました。

ダンジョンの上限はない!他のダンジョンのリリースは?

垂水ケイ

ダンジョンってどこまで掘れるの?

Jang Yungi

上限はありません。あなたのヒーローは無限にダンジョンを掘れますよ。

ヒーローのレベルには上限がありますから、理論的に限界となるフロアはあるでしょうけど、その気になればいつまでもプレイできますね。


垂水ケイ

他のダンジョンのリリースはいつ?

Jang Yungi

4月中に1つ増える予定です。ロードマップがあるので、そっちもみてみてください。

ダンジョンが増えれば、有利な属性・ヒーローも変わってきます。ゲームだけではなくキャラ売却まで含めた攻略が楽しくなってきますね。

ガス価格はサイドチェインで対応するかも

垂水ケイ

ガス価格高いですよね。

Jang Yungi

それは最大の課題ですね。現在はバトルシステムでガスを多く使用しています。今後はサイドチェインを検討しています。

ガス価格の問題は運営もちゃんと認識してくれています。すべてをブロックチェーンで処理するのではなくすことで、ガス価格を減らすことを考えているようです。

ただ、セキュリティーの問題などもでてきますから、残念ながらすぐに対応はされないでしょう。

Goldの使い道

今はヒーローのガチャを回すことだけにしか使われていない、ゲーム内通貨の「Gold」。今後の使い道について聞いてみました。

垂水ケイ

上場する可能性はあるの?

Jang Yungi

それは予定していません。パートナーシップを結んで他のゲームでも使えるようにはしたいです。

ゲーム内では、ゴールドを使ったオークションシステムも実装予定です(2018年3Q;ロードマップ参照)。他のゲームでも使えるようになれば、いよいよブロックチェーンゲームのトークンエコノミーが活きてきますね。

日本のマーケットには注目している。日本語化も!?

垂水ケイ

日本には注目している?日本語化もしてくれたらうれしいな。

Jang Yungi

イベントに日本人がたくさん参加してくれて驚いています。日本語化は翻訳者がいないので、すぐには対応できませんが、より日本に注目していくことは約束します。

「ダンジョンどこまで深く潜れるかイベント」にみんなで参加した甲斐がありました。日本には注目してくれているみたいです。うれしいですね!

ブロックチェーンゲームの今後についてヒトコト

Jang Yungi

ブロックチェーンゲームの運命はガス価格とスケーラビリティに依存します。しかし間違いなくこれらの問題は緩和されます。ブロックチェーンゲームは将来性を秘めています。

ブロックチェーンゲームブロガーとしては、こういったコメントがもらえると嬉しいです。クリプトサガの課題も徐々に解決され、スケールしていくことを期待つつ、今日もダンジョンに潜りたいと思います。

クリプトサガを始める

Source: しまうまビットコイン
CryptoSaga(クリプトサガ)の運営にインタビュー!Goldの使い道や今後について