「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

Dashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるダッシュの基礎知識!

Dashとは、決済の速さと匿名性が特徴のアルトコインです。

ダッシュの特徴

Dash(ダッシュ、DASH)とは、2014年に生まれた匿名性・決済の即時性が特徴のアルトコインです。

2015年にリブランディングされるまでは、後述する匿名性確保のためのトランザクション形式である「Darksend」からDarkcoin(DRK)という名前でした。

また、決済の即時性もダッシュの大きな特徴です。
この即時性を実現するために、InstantSend(インスタントセンド)というシステムを採用。

ビットコインでは承認を行うのに10~30分程度の時間がかかると言われています。この即時性のなさはネックとも言えました。
ダッシュはInstantSendのシステムを採用することでこの時間を数秒にまで短縮。

海外を中心に仮想通貨で決済できる自動販売機なども登場しており、こうした決済にも即時性の高いダッシュは適していると言えます。

2016年初めにはビットコインなど仮想通貨専用のATMを提供し、世界トップクラスのマーケットシェアを誇るLamassu社と業務提携契約を行いました。
これにより、ダッシュは市場通貨並みに使いやすい通貨になりうる可能性を高めていると言えそうです。

ダッシュの概要

[table id=1627-01 /]

ダッシュの高い匿名性

ダッシュではDarksend(現在の名称はPrivateSend)と呼ばれるトランザクション形式を用いて高い匿名性を実現しています。

例えばビットコインはブロックチェーンを確認すれば、誰が誰に送ったのか1対1でわかるようになっています。

一方Darksendを採用しているダッシュではブロックチェーンを確認してもわかりません。

このようなDarksendの匿名性は、Coinjoinという方法で出来上がっています。
Coinjoinとは、同じ時期に送信しようとしている複数のユーザーの仮想通貨を、一度一定の場所に入れてから再度個別に特定のユーザーに送金していく方法のことを言います。

一度ある場所に送受信情報を入れ、その情報をミックスしてしまうことで匿名性を維持しているという訳です。
ただし、Coinjoinには使用するために二つの条件をクリアしなくてはなりません。

  1. 参加者が3人以上必要
  2. 送金限度額は1000DASHまで

この二つの条件をクリアできれば使用可能となり、匿名性が維持された取引が可能になります。

ダッシュの歴史(抜粋)

[table id=1627-02 /]

Twitterまとめ

ダッシュが買える国内取引所

ダッシュが買えるおすすめ海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)


  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!

Binance(バイナンス)


  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!

C-CEX


  • 話題の国産仮想通貨「BitZeny」(ビットゼニー)の取り扱い有り!
  • ビットゼニーの取り引きが活発なので板が厚い!
  • 仮想通貨取り扱い数約200種類と豊富な取り揃えが魅力!

Changelly(チェンジリー)


  • 珍しい「仮想通貨同士」を直接交換できるシステム!
  • 手数料は一律でしかも安い定額「0.5%」!
  • 海外取引所では非常に珍しい丁寧なサポート有り!
Source: 海外の仮想通貨ニュース速報
Dashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるダッシュの基礎知識!