「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

東京為替概況:ドル・円はもみ合い、株価動向に連れて売り買い交錯

 今日の東京市場で、ドル・円はもみ合い。111円78銭から112円05銭で推移した。日経平均株価が寄り付き後大きく上昇した場面では円売りが先行した。その後、上海総合指数、米株先物が下落し、日経平均株価も下落に転じたことで、円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は127円32銭まで下落後、127円75銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1387ドルから1.1413ドルまでじり高に推移した。イタリアの国債利回りが格付け据え置きによる安心感から低下したことを好感したとみられる。
・17時時点:ドル・円111円90-00銭、ユーロ・円127円60-70銭
・日経平均株価:始値21323.61円、高値21465.99円、安値21109.97円、終値21149.80円(前日比34.80円安)
未分類