「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ドル円、もみ合い継続

 21日のニューヨーク外国為替市場でドル円はもみ合い継続。2時時点では113.06円と24時時点(113.04円)と比べて2銭程度のドル高水準だった。小動きながら、欧米株の上昇を受けた円安地合いが続いている。
 米エネルギー省(EIA)発表の週間石油在庫は、原油在庫が大幅な積み増しを継続したが、リスクセンチメントに大きな影響を及ぼさなかった。
 ユーロドルは小動き。2時時点では1.1392ドルと24時時点(1.1393ドル)と比べて0.0001ドル程度のユーロ安水準だった。新たな手掛かりが不足しており、1.14ドルを挟んだレンジで上下している。欧州委員会がイタリアの予算案を承認したとのニュースが伝わったものの、市場の反応は薄い。欧州委はイタリアに一段の改革加速を合わせて求めている。
 ユーロ円は小幅高。2時時点では128.83円と24時時点(128.82円)と比べて1銭程度のユーロ高水準だった。129円付近を目先の上値に、限られたレンジながら本日の高値圏を維持した。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:112.65円 - 113.15円
ユーロドル:1.1365ドル - 1.1425ドル
ユーロ円:128.12円 - 129.08円
未分類