「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ユーロドル、底堅い

 5日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは底堅い。2時時点では1.1349ドルと24時時点(1.1323ドル)と比べて0.0026ドル程度のユーロ高水準だった。24時付近につけた1.1311ドルを底に買い戻しが優勢に。「伊政府が19年度予算計画案の修正を来週までに提出」との報道も支えになったか。伊債買いの動きを眺めながら、ユーロドルは1.1350ドル台を回復した。伊10年債利回りは前日比0.098%低下の3.058%で引けている。
 ユーロ円は強含み。2時時点では128.39円と24時時点(128.12円)と比べて27銭程度のユーロ高水準。主要な欧州株式相場はマイナス圏での推移が続いたが、ユーロ円の下値は堅かった。ユーロドルの巻き戻しとともに128.40円台まで買い戻された。
 また、トルコリラ円は欧州序盤につけた20.72円を底に21.28円まで大きく反発。11月トルコ消費者物価指数を受けた利下げ観測が後退し、リラが買い戻された。
 ドル円はもみ合い。2時時点では113.13円と22時時点(113.15円)と比べて2銭程度のドル安水準だった。時間外の日経平均先物の上昇も一服し、材料難のなか113円前半で小幅な上下にとどまった。
 ドル/加ドルは2017年6月以来の1.34加ドルまでの加ドル安・ドル高を記録した。カナダ銀行(カナダ中央銀行、BOC)の声明から、同銀は次回1月会合での利上げに慎重との見方が広がった。加ドル円も84.47円までレンジの下限を広げた。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:112.65円 - 113.23円
ユーロドル:1.1311ドル - 1.1361ドル
ユーロ円:127.79円 - 128.44円
未分類