「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

NY外為:米中貿易への悲観的見解が重し、ナバロNTC委員長の発言で

NY外為市場では米中貿易への悲観的見方がくすぶった。ナバロ米国家通商会議(NTC)委員長がCNNとのインタビユーで、「もし90日間の休戦後に貿易協議で合意できなければ中国製品に対する関税を10%から200%近く引き上げる可能性もある」と悲観的な見解を示したことが株式相場の重しとなり、上昇して始まったダウ平均株価も下げ幅を大幅に拡大し一時500ドル近く下落した。
一方で、クドロー国家経済会議(NEC)委員長は「トランプ米大統領は90日以上の猶予期間を中国に与える可能性も」としている。
ドル・円は112円56銭まで下落後は、いったん下げ止まり112円75銭でもみ合い。ユーロ・円は128円23銭から128円50銭まで戻した。ユーロ・ドルは1.1366ドルから1.1400ドルまで上昇した。
未分類