「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

【ディーラー発】ドル買い戻し優勢(欧州午後)

午後に入り、米中次官級通商協議が始まったことが伝わると、マーケットはややドル買いで反応。ドル円は108円40銭付近まで反発したほか、クロス円も連れ高となりユーロ円が123円99銭付近まで値を伸ばし、ポンド円は138円20銭付近まで下値を切り上げた。一方、ユーロドルは1.1433付近から軟化し、豪ドルドルは原油価格の反落に伴い0.7121付近まで売られ序盤の上げ幅を失う状況となっている。21時00分現在、ドル円108.338-341、ユーロ円123.958-962、ユーロドル1.14416-419で推移している。
未分類