「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

ドル・円は108円07銭から108円40銭で推移

[欧米市場の為替相場動向]
 7日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円07銭まで下落後、108円40銭まで上昇した。欧州株や米株先物が下落に転じ、米10年債利回りは2.63%台まで低下したが、ユーロ・円の上昇に連れ気味になった。
 ユーロ・ドルは1.1428ドルから1.1448ドルまで上昇。ユーロ圏の11月小売売上高の上振れでユーロ買いが優勢になった。ユーロ・円は123円57銭まで下落後、124円00銭まで上昇した。
 ポンド・ドルは1.2721ドルから1.2765ドルでもみ合い。ドル・スイスフランは0.9844フランから0.9817フランまで下落した。
[経済指標]
・ユーロ圏・11月小売売上高:前月比+0.6%(予想:+0.2%、10月:+0.6%←+0.3%)
[要人発言]
・ダス・インド中銀総裁
「金融システムに、必要に応じた流動性を供給することもあり得る」
未分類