「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

欧州外国為替市場概況・20時 ユーロ、小幅持ち直し

 7日の欧州外国為替市場で、ドル円は小幅に持ち直し。20時時点では108.35円と17時時点(108.18円)と比べて17銭程度のドル高水準だった。
 明確な方向感はなく、日経平均先物の下押し場面でもリスク回避を強めることなくもみ合いを継続。むしろ、日経平均先物が下げ渋ると、やや持ち直した。
 ユーロドルは本日高値圏でもみ合い。20時時点では1.1439ドルと17時時点(1.1436ドル)と比べて0.0003ドル程度のユーロ高水準だった。
 1.1448ドルまでじり高となったものの、特段の大きな動きではない。11月ユーロ圏小売売上高が市場予想より強い伸びを示したことへの反応も鈍かった。
 ユーロ円はじり高。20時時点では123.93円と17時時点(123.72円)と比べて21銭程度のユーロ高水準だった。
 ユーロドルが本日高値圏でもみ合い、ドル円が持ち直す動きに挟まれ、東京午後からの小幅な下押しに対する揺り戻しが見られた。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.02円 - 108.78円
ユーロドル:1.1389ドル - 1.1448ドル
ユーロ円:123.41円 - 124.03円
未分類