「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

欧州外国為替市場概況・22時 ドル円、頭重い

 7日の欧州外国為替市場でドル円は頭が重い。22時時点では108.25円と20時時点(108.35円)と比べて10銭程度のドル安水準だった。持ち高調整の買いに伴って108.40円付近まで持ち直したものの、一巡後は戻り売りに押されるなど方向感のない動きが続いている。時間外の米10年債利回りが2.63%台まで再び低下したことも上値を抑えた。
 ユーロドルは小動き。22時時点では1.1440ドルと20時時点(1.1439ドル)と比べて0.0001ドル程度のユーロ高水準だった。NY勢の本格参入を前に依然として本日高値圏でのもみ合いとなった。
 ユーロ円は伸び悩み。22時時点では123.84円と20時時点(123.93円)と比べて9銭程度のユーロ安水準だった。株価の持ち直しを支えに買いが入ったものの、アジア時間の高値124.03円手前で頭を抑えられている。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.02円 - 108.78円
ユーロドル:1.1389ドル - 1.1448ドル
ユーロ円:123.41円 - 124.03円
未分類