「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ユーロドル、堅調

 7日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは堅調。24時時点では1.1470ドルと22時時点(1.1440ドル)と比べて0.0030ドル程度のユーロ高水準だった。米長期金利の低下などを手掛かりに全般ドル売りが進んだ流れに沿って、24時前に一時1.1473ドルと日通し高値を付けた。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時95.69まで低下している。
 ユーロ円はしっかり。24時時点では124.19円と22時時点(123.84円)と比べて35銭程度のユーロ高水準。ユーロ高・ドル安につれた円売り・ユーロ買いが出て一時124.31円と日通し高値を付けた。
 ドル円はもみ合い。24時時点では108.25円と22時時点(108.25円)とほぼ同水準だった。クロス円の上昇につれた買いが入った半面、対ユーロなどでのドル売りが出たためドル円自体は方向感が出なかった。なお、12月米ISM非製造業指数は57.6と予想の59.0を下回ったものの、相場の反応は限られた。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.02円 - 108.78円
ユーロドル:1.1389ドル - 1.1473ドル
ユーロ円:123.41円 - 124.31円
未分類