「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

【ディーラー発】ポンド買い進展(欧州午後)

メイ英首相の「我々は国民投票の結果を遂行する義務がある」等の発言が伝わり、ブレグジットに対する揺るぎない決意が好感されるとポンド買いが進展。対ドルで1.2878付近まで反発し本日高値を更新、対円で139円22銭付近まで持ち直したほか、ユーロポンドは0.8904付近まで水準を切り下げるなど対主要通貨でポンドは強含み。一方、ドル円は対ポンドでのドル売りや米債利回りの低下を受け一時108円を割り込む場面が見られた。21時31分現在、ドル円108.106-109、ユーロ円123.941-945、ユーロドル1.14647-650で推移している。
未分類