「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

ドル・円は軟調推移、中国の輸出入の落ち込み受けて円買い

 今日のアジア市場で、ドル・円は軟調推移。108円56銭から108円04銭まで下落した。東京市場が成人の日の祝日による休場で薄商いとなるなか、上海総合指数が寄り後まもなく下落。その後、発表された中国の12月貿易統計で輸出入(ドル建て)がともに予想外の落ち込みとなったことから、景気減速懸念が強まり中国株安が進行、リスク回避的な円買いが広がった。
 ユーロ・円は124円44銭から123円88銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1455ドルから1.1481ドルでもみ合った。
・17時時点:ドル・円108円00-10銭、ユーロ・円124円00-10銭
・日経平均株価:休場
【経済指標】
・中・12月貿易収支:+570.6億ドル(予想:+516.0億ドル、11月:+418.6億ドル←+447.4億ドル)
・中・12月輸出:前年比-4.4%(予想:+2.0%、11月:+3.9%←+5.4%)
・中・12月輸入:前年比-7.6%(予想:+4.5%、11月:+2.9%←+3.0%)
【要人発言】
・特になし
未分類