「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」




スポンサードリンク

 

ドル・円は110円96銭から111円11銭で推移

[欧米市場の為替相場動向]
 14日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円96銭から111円11銭で推移した。欧州株は全面高、米株先物は上昇も、米10年債利回りが低下気味となり、ドル売りと円売りが交錯した。
 ユーロ・ドルは1.1250ドルから1.1290ドルでもみ合い。ユーロ圏の10-12月期GDP改定値が速報値と同水準だったことで、ユーロ売りは後退した。ユーロ・円は124円94銭から125円39銭で推移した。
 ポンド・ドルは1.2865ドルから1.2805ドルまで下落。英中銀金融政策委員のハト派的な発言を受けてポンド売りになった。ドル・スイスフランは1.0076フランから1.0098フランで推移した。
[経済指標]
・ユーロ圏・10-12月期GDP改定値:前年比+1.2%(予想:+1.2%、速報値:+1.2%)
[要人発言]
・ブリハ英中銀金融政策委員
「年1回程度の利上げが適切か」
「年1回の利上げでも多すぎる可能性がある」
・ワムバッハ独ZEW所長
「ドイツの2019年の経済成長率は1%程度になる可能性が高い」
未分類