「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

【ディーラー発】ユーロ買い一服(欧州午後)

独政府が2019年の成長見通しを引き下げたことが重しとなり、堅調だったユーロは買いの流れが一服。対ドルで1.1300付近まで軟化し、対円でも126円50銭付近まで値を下げたほか、対ポンドでも0.8653付近まで反落し午前の上げ幅を失うなどユーロが弱含み。対照的にポンドは買い戻しが強まり、対ドルで1.3059付近まで反発、対円でも146円22銭付近まで水準を戻している。一方、ドル円は112円ちょうど前後の狭いレンジ内で小幅な値動きとなっている。21時06分現在、ドル円111.969-972、ユーロ円126.531-535、ユーロドル1.13040-043で推移している。
未分類