「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

欧州外国為替市場概況・22時 ドル円、もみ合い

 17日の欧州外国為替市場でドル円はもみ合い。22時時点では111.99円と20時時点(112.01円)と比べて2銭程度のドル安水準だった。112.00円を挟んだ方向感の乏しい動きが継続。2月米貿易収支は予想より強い結果となったが、目立った反応は見られなかった。
 ユーロドルは下げ渋り。22時時点では1.1303ドルと20時時点(1.1309ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ安水準だった。欧州時間からのユーロ売りの流れが一服し、1.1305ドル付近でのもみ合いとなった。
 なお、米ドルカナダドルは1.3275カナダドルの安値まで米ドル安・カナダドル高が進行。良好な2月カナダ貿易収支が好感されてカナダドル買いの動きが広がった。
 ユーロ円は22時時点では126.54円と20時時点(126.64円)と比べて10銭程度のユーロ安水準。ユーロドルの下落が一服したことで126.60円台まで下げ渋った。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:111.92円 - 112.17円
ユーロドル:1.1279ドル - 1.1324ドル
ユーロ円:126.28円 - 126.81円
未分類