「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

 
 



スポンサードリンク

 

 

田端信太郎 @田端大学塾長である! on Twitter: “いまどき新刊本の印税に依存している本の著者なんか、終わってるよ。「敬意」の有無なんかじゃなく、「利便性」と「経済性」が世の中を回すので、抗っても仕方がない。> (メルペイ青柳氏の発言)著者及び出版社への敬意がまったくないと考えます… https://t.co/X3XBR72HyO”

いまどき新刊本の印税に依存している本の著者なんか、終わってるよ。「敬意」の有無なんかじゃなく、「利便性」と「経済性」が世の中を回すので、抗っても仕方がない。> (メルペイ青柳氏の発言)著者及び出版社への敬意がまったくないと考えます… https://t.co/X3XBR72HyO

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ドル円、上値重い

 22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は上値が重い。2時時点では110.70円と24時時点(110.69円)と比べて1銭程度のドル高水準。米債利回りの低下幅拡大の動きを眺めながら110.63円まで下押し、東京タイムにつけた安値に面合わせした。全般ドル売りがやや優勢となる中、2時過ぎには110.61円まで安値を更新した。ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁やデイリー米サンフランシスコ連銀総裁の発言が伝わったが、発言内容にサプライズはなく、相場の反応は見られなかった。
 ユーロドルは小幅高。2時時点で…

NY外為:円買い一服、黒田日銀総裁が追加緩和示唆&株高で

 NY外為市場では欧米貿易摩擦への懸念を受けた円買いが後退した。日銀の黒田総裁が朝日新聞とのインタビューで、「インフレが勢いを失ったら、当然、追加緩和を検討する」 と述べたため円金利の先安感にともなう円売りが強まったほか、米中貿易協議への期待に伴う株高に連れてリスク選好の円売りが強まったことが背景となる。
ドル・円は110円63銭から110円75銭へ戻した。ユーロ・円は125円39銭から125円65銭まで反発した。