「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

 
 



スポンサードリンク

 

 

NY外為:円買い一服、黒田日銀総裁が追加緩和示唆&株高で

 NY外為市場では欧米貿易摩擦への懸念を受けた円買いが後退した。日銀の黒田総裁が朝日新聞とのインタビューで、「インフレが勢いを失ったら、当然、追加緩和を検討する」 と述べたため円金利の先安感にともなう円売りが強まったほか、米中貿易協議への期待に伴う株高に連れてリスク選好の円売りが強まったことが背景となる。
ドル・円は110円63銭から110円75銭へ戻した。ユーロ・円は125円39銭から125円65銭まで反発した。

【ディーラー発】ドル売り優勢(NY午前)

米債利回りの低下幅拡大を背景にドル売りが優勢となり、ドル円は110円62銭付近まで反落。一方、ブレグジットを巡る懸念が引き続き燻る中、ポンドドルは欧州終盤に1.2968付近まで下値を試したものの、その後は一転1.3079付近まで反発、ユーロドルはポンドドルにつれ1.1316付近まで下落後に本日高値となる1.1355付近まで値を上げたほか、豪ドルドルが0.7140付近まで上値を伸ばすなど対主要通貨でドル全面安。1時36分現在、ドル円110.714-717、ユーロ円125.530-534、ユーロドル1….

NY外為:リスク回避の円買い、欧米貿易摩擦懸念も

 NY外為市場では欧米貿易摩擦懸念も浮上しリスク回避の円買い動きが再燃した。。EUは「米国政府が欧州自動車に関税課した場合、キャタビラー、ゼロックスを標的にする」と報復警告したため、欧米貿易摩擦への懸念が浮上。
ドル・円は110円89銭から110円63銭まで下落。ユーロ・円は125円65銭から125円39銭まで下落した。

メルペイ。青柳直樹代表取締役は、「新しい本を『借りるようにして読む』という、メルカリとメルペイならではの体験を届けられる」と話す、という記事に対する意見。著者及び出版社への敬意がまったくないと考えます。不愉快です。 – 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

www.itmedia.co.jp 同社の青柳直樹代表取締役は、「新しい本を『借りるようにして読む』という、メルカリとメルペイならではの体験を届けられる」と話す。 記事を読んで、心底驚きました。著者として、大変不愉快です。2日前に出た記事のようですが、先程初めて読みました。 以前から、新刊を書店からアマゾンや書店で定…

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ユーロドル、買い戻し

 22日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは買い戻し。24時時点では1.1334ドルと22時時点(1.1327ドル)と比べて0.0007ドル程度のユーロ高水準だった。ポンドドルの下げにつれて22時過ぎに1.1316ドルの安値をつけたものの、その後は米長期金利の低下幅拡大を手掛かりにした買い戻しが入った。23時過ぎには1.1343ドル付近まで下値を切り上げた。
 なお、ポンドドルは関係者筋から英EU離脱交渉の進展に否定的な見解が示されたことで一時1.2968ドルまで下落したが、一巡後はユーロドルと…

【NY為替オープニング】FRBのハト派姿勢織り込む、高官講演控え

●ポイント
・閣僚級米中貿易協議、トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相が会談
・英国のEU離脱3カ月延期も
・ウィリアムズNY連銀総裁とデイリー米サンフランシスコ連銀総裁が対

・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁スピーチ(受賞式典)
・クラリダ米FRB副議長講演(金融政策関連)
・ブラード米セントルイス連銀総裁講演(バランスシート関連)
・クオールズ米FRB副議長講演(バランスシート関連)
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が討論会参加(バランスシート
関連)
・ウィリアムズNY連銀総裁が閉会あい…